×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職先での人間関係

転職をすると人間関係も1から築きあげていかなければなりません、人間関係が悪くなると精神的に悪くなるばかりではなく 職場の生産性にも影響がでることもあります。 職場の同僚でもこの人はどんな人なんだろうという好奇心で見られてしまいます。 そのような視線ばかりに気をとられていると、会社での居心地が悪くなってしまします。 嫌われたらいやだなと心の中で遠慮しているに過ぎません。 職場の同僚との関係はライバルと考えるよりも一緒に目的を同じとする仕事仲間と考えるほうが気が楽です。 また自分から歩み寄っていき自分から声をかけていくことが必要になるものです。 昼休み中も食事を一緒に連れて行ってもらったり仕事から離れたところで話す機会を持て ばどこに住んでいるのかだとか家族は何人いるのか何が趣味?といった会話が自然に交わされ ることになります。

人間関係での注意点

転職したばかりの頃はなかなか自分からは話しかけずらいもの、 入社当初では、席がたまたま隣り合わせになった同僚、仕事の分担をしている人と話す機会が多くなり、そこから、良い何人かで酒を酌み交わすなど、付き合いも始まっていくものなのです。 同僚や上司などのうわさ話や、ときには声が出たりします。 そんな話を聞いて誤った先入観を植え付けられることがないとは限りません。 ウマの合う人と合わない人がいますから、会社の全員と仲良くする必要もありませんが、変な先入観に惑わされることがないよう、しばらくはどこでもいい顔をした方がよさそうです。 配慮を忘れずに入社早々は自分にあまり仕事はなく、あるとしても雑用に近いものが多いようです。 上司にしてみれば、人事担当者から新入社員の情報をその力量がどれほどなのかわからないうちは仕事を指示することはできないといのでしょう。 といって、同僚の忙しくしているのを見て見ぬふりをして、終業時間になればさっさと帰るというのでは、「気が利かない」と思われて仕方がありません。 どうかで、その後の人間関係が決まるといっても過言ではありません。

転職先の職場で人間関係を築き上げる

職場では様々な年代の方が働いています、同年代とは簡単に話ができても、上司や年齢が上の方との会話はなかなかしずらいものです。 今後は、自分より年下の上司がいたり、その逆に自分より年上の社員を部下として配属されるといったことが当たり前になっていくでしょう。 年齢差を意識し過ぎては、相手とギクシャクしてしまいます。 今度は上下関係ばかりを意識しすぎて、卑屈になってしまうこともあるかもしれませんが・・・。 なりたいという気持ちは同僚も同じ新入社員を迎える側の同僚は、新入社員のために緊張をほぐし、解けやすい環境を作りたいと思っています。 思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなどきかっけがないと、声をかけられないということになりがちです。 てくれないなどと、被害妄想が膨らみ疎外感に陥ってしまうことになるでしょう。 解消されるのですが、早く同僚とうち解けた思うなら、昼休みなど同僚たちが食事に出かける時や、仕事を終えて退社するときに、「ご一緒してもいいですか」などと自分から声をかけてみるとよいでしょう。 その日から同僚達も仲間という意識があるのですから、断ってくることはないはずです。

©転職と人間関係